ツェレ(Celle)の街

2016.11.16

「北ドイツの真珠」とも呼ばれた町である。中心街にはドイツ鉄道(DB)ツェレ中央駅から徒歩15分ほどで到達する。歩行者天国になっているツェルナー通りが旧市街地のメインストリートである。ここに木組み家屋が立ち並んでいる。ここの木組み家屋の壁は他の街と異なり、黄色、こげ茶、緑、白などを配色し、非常にカラフルである。童話の世界から抜け出てきたような錯覚に陥る。この家並みも非常に長く続き、飽きさせない。ドイツというと石造建築が多いかと思うと、このように木造建築の伝統を大切にしている街もある。

一覧へ戻る

page top